お雑煮試食会

先日もお伝えしましたが、大仁まごころ市場では「1/7」に「無料」でお雑煮のお振る舞いをいたします。

農薬を減らして自然に近い農法で作物を作る「エコファーマー」の方々のお野菜を味わっていただこうというのがこの企画です。

ぜひご賞味ください。

 

さて、問題は「どんなお雑煮にするか」です。

 

私千田は、実は宮城県は仙台市の出身。母が「塩釜市」という港町の出であることから、お雑煮と言えば

  • ハゼの出汁
  • 細い大根
  • 伊達巻
  • せり
  • いくら
  • しょうゆ味

というものでした。

「地域によってお雑煮はかなり違う」

ということはなんとなく知っていましたので、ここでもおそらく

「スタンダードな【伊豆お雑煮】」というものが存在するんだろうな。

くらいの認識だったのです。

 

ところが…

「鶏肉を絶対に入れる。⇄鶏肉なんて考えられない。」

「味噌だ。⇆しょうゆだ。」

「里芋だ⇆里芋は邪道だ」

などなど、出るわ出るわ

「我が家の雑煮」

 

よく聞いてみると、隣の地区同士でも違えば「同じ地区内でも違う」ということも珍しくありません。

 

これは、一度実際に作ってみないとダメですね。

 

ということで試食会と相成りました。

 

まずは具材。

ヒアリングの結果、あまりにも具材がなくても寂しいということで最大公約数を取りました。

  • 大根
  • 人参
  • 里芋
  • 原木しいたけ

 

試食会前、事前に佐藤さんが具材の「水煮バージョン」と「出汁で煮たバージョン」の2つを作ってくださっていました。ありがたい。

 

しいたけホントうまそう。

 

続いて、これらの具を、こちらも薄いぞ濃いぞと議論した出汁へ。

 

 

また、同時並行でお餅を焼きます。

 

 

*当日、お餅は焼きません。つきたてのお餅をそのままご提供します。

 

こちらのお餅も同じく佐藤さんが事前についてくださったもの。ありがたい。

 

いよいよお餅と具材のドッキング。

当日、鰹節は入りません。悪しからず。

 

 

これ、

かなりうまい

です。

 

野菜の旨味、甘みを感じていただくために出汁はあえて控えめに。

柚子の香りが全体を引き立て、盛り立てます。

 

大根の甘さ、人参の甘さ、里芋の食感と旨味、しいたけの食感と出汁を吸った美味しさ、小松菜のアクセント、そしてお餅の美味しさ。

 

大事なことなので2回言いますが、これ、

かなりうまい

です。

 

環境に優しい農法を使っている「エコファーマー」のお野菜を使って

まごころ市場の若手出荷者が喧々諤々の議論の末作った

「まごころのお雑煮」

 

1/7(日)

11時から

100食限定

 

無料でお振る舞いいたします。

 

ぜひみなさまお誘い合わせの上お越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 のコメント

  1. ピンバック: まごころ市場のお雑煮を楽しんでいただきました | まごころ市場

コメントは締め切られています。